防水工事をして雨漏りに備えよ【ベランダからの雨漏りを防げ】

雨漏りの原因

ベランダからの雨漏りは、そのほとんどが経年劣化によるものです。原因箇所の状況や症状の程度によっては、防水工事を行なう必要があります。

雨漏りの放置は危険

雨漏りは、このようにいろいろな二次被害をもたらします。これらを回避するには、雨漏り対策をし、二度と雨漏りを起こさない環境に整えるしかありません。それを実践するために、早めに業者に相談するようにしましょう。

現地調査と見積もりについて

ベランダで雨漏りの症状が見られたら、すぐに業者に相談しましょう。専門スタッフがすぐに現場に駆け付けてくれます。

防水工事にかかる費用

専門業者に雨漏り修理の依頼を出したら、専門スタッフが現場に調査に来てくれます。原因箇所となっている場所や、雨漏りを起こしている原因などを詳しく調査してくれます。現地調査を終えたら見積もりを出してくれるので、その額を確認した上で依頼するかどうかを決めることができます。見積もり後に追加費用が発生するということはありません。だから安心して作業を任せられます。

種類によって価格や耐久年数が異なります(防水工事業者)

防水工事にかかる費用は、基本的に工事内容で大きく異なります。例えばゴムや塩ビなどの素材を使ったシート防水は1平方メートルあたり3,000〜5,500円くらいでできます。FRP防水やアスファルト防水は1平方メートルあたり6,000〜8,000円くらいと、やや高くなります。ただ、防水工事を行なう際は費用面だけでなく工事別の耐久年数も意識しましょう。例えば安い費用でできるシート防水工事の耐久年数は約13年ですが、高めの費用がかかるアスファルト防水工事の耐久年数は約20年とかなり長めです。費用面と種類別の耐久年数の両方を加味した上で、どのタイプの防水工事を選択するか考えましょう。

TOPボタン