雨漏りしやすいベランダだからこそ【防水工事の後にすべきこと】

防水工事の効果をより長く持たせる方法

ベランダの経年劣化による雨漏りは防水工事を施すことで解消できますが、その後定期的にベランダを掃除したりメンテナンスをしたりする必要があります。それを怠ると、平均的な耐久年数よりも早く施工箇所が経年劣化を起こしてしまいます。

ベランダの雨漏り対策

小まめに掃除
ベランダは外からの影響をダイレクトに受けてしまう場所なので、すぐに汚れたりゴミが溜まったりしてしまいます。定期的に掃除をしないと、ベランダ中のゴミが排水口に溜まり、雨漏りの原因となってしまう恐れがあります。また、防水層の劣化具合もチェックするようにしましょう。防水層が浮いていたり剥がれたりしていたら、塗替えの時期かもしれません。
定期的にメンテナンス
定期的なメンテナンスはとても効果的な雨漏り対策法と言えます。床のヒビ割れや汚れ、水溜まりの発生などに早めに気付くことができるからです。自分でメンテナンスをするのも良いですが、防水工事を行なっている専門業者に定期メンテナンスを依頼するのも良いかもしれません。
家族

建物には雨漏りが発生する可能性がある場所がいくつもありますが、その中でもベランダは特に雨漏りしやすい場所と言えます。だからこそ念入りに雨漏り対策や早めの防水工事を行なう必要があります。防水工事を行なった後は、上に挙げた掃除や定期メンテナンスなどはしっかり実践するようにしましょう。

無料相談サービスを利用

防水工事を行なっている専門業者は、雨漏り調査やメンテナンスに関する無料相談を受け付けています。例えばメンテナンスに関することであれば、行なうのに最適な時期を教えてくれるようなアドバイスをしてくれます。防水工事に関係していることであればどのような内容でもいいので、費用面や作業内容のことで少しでも気になる点があれば、気兼ね無く相談しましょう。

TOPボタン